代表挨拶

代表者のご挨拶

「食の品質・安全性が問われる時代」「趣味・嗜好が多様化する時代」そうした中で、倉田商店は“正確な情報”と“より良い商品”を適切な価格で消費者に届けることを役割として、水産物の流通に携わらせていただいております。

 倉田商店では現在、都内・近県の寿司店様、和・洋・中と様々なスタイルのレストラン様をはじめ、スーパー・小売店様、あるいは納品業務をなされているお客様等幅広い業態のお客様にご愛顧を賜っております。日本各地の漁港はもとより、世界の港から、あらゆる種類の水産物が集まる築地中央卸売市場からの仕入れだけではなく、生産者の皆様にご協力をいただき産地直送の仲卸形態も取らせていただいております。また、自社工場での加工品の製造や、飲食店の経営と食業界の川上から川下まで幅広く事業の“根”を生やしております。

 築地中央卸売市場内にて長年にわたり、水産仲卸業務を営んできた豊富な経験と知識を生かし、ご利用いただくお客様に、ご希望の逸品を提供すべく、日々努力しております。他社に無い、自社の独自性を追及し、“お客様を飽きさせない”また、“お客様に必要とされる存在”で有り続けるために、「お客様が求めるモノ以上を追い求め」、価値を見出し続けて参ります。

代表者の想い

 築地を拠点として動く仲卸業者という存在でありながら、“産地直送” 生産者の方々と直接関わりを持たせていただく中で、日々多く学びをさせていただいております。当然のことながら、“産地直送”を実現させることは容易なことではございません。一般消費者の求める価値・ご要望を実現しつつ「生産者の皆様の価値」すなわち利益獲得を同時に成立させることは非常に難しい課題です。
 
 生産者の皆様の中には、過去“産地直送”を謡う事業者より、無理な要望を受けた経験を持つ生産者の方は多く存在します。生産者の理解を得ないまま、話が進んでしまうケースも多分に発生しております。倉田商店では、三方良しの体制を作るべく、“生産者の皆様”と“共”に“生産者と足並みを揃え”歩みを進めております。“生産者の顔が見える”仲卸業者として、「良い商品」を「安全」にお届けいたします。